WITH DILEMMAS FROM THE FUTURE

 

What can graphic designers do in the era of climate crisis?










I have published a book called “WITH DILEMMAS FROM THE FUTURE – What can graphic designers do in the era of climate crisis?”.

This book project started from my dilemma that we graphic designers keep creating something to be consumed fast so that companies can make more profit while the state of the planet is deteriorating significantly from climate change which was caused by the extreme form of capitalism.

After I did some desk research about what I can do to reduce the environmental footprint in my work, I compiled these multiple pieces of information as a practical guide. However, It was not enough to envision how I could work as a graphic designer in the coming future. So I conducted a series of interviews with graphic designers who are already trying something new and making differences. You can see the list of interviewees below.

The first edition is printed and bound by Obra Press. They are a local risograph printer in Copenhagen. Since they are also concerned about climate change and having dilemmas of creating a physical object, I interviewed them to talk about what we can do to reduce our environmental footprint when we print and produce something out in the world.

The book can be purchased on my webshop here or Obra Press webshop.

WITH DILEMMAS FROM THE FUTURE (print)

Also, I am planning to publish E-book edition (PDF) in January 2023. E-book will be a cheap & environmentally friendly option ︎ 



The list of interviewees

1. Rikako Nagashima
A founder of design studio Village® based in Tokyo, Japan. Her studio website states that: Environmental considerations are foremost in her designs, and she works with an awareness of the environmental damage caused by design. She is one of the few graphic designers in Japan who shows her environmental value and creates graphic designs with that in consideration.

www.rikako-nagashima.com/


2. Jonny Black
A co-founder of design studio The Office of Ordinary Things based in San Francisco, the United States. His studio’s website shows their sustainability commitment and also their bold values that they don’t work on projects which are against social justice. While their end result doesn’t look limited by sustainability standards, all the material they chose is listed on the website which shows how environmentally conscious they are.

ot.studio/


3. Khushboo Gandhi
A founder of the design/research studio Go Do Good based in Pune, India. She studied fashion, communication design and material development. Her focus is to connect those different areas and contribute to the field of renewable resource development, finding single-use packaging alternatives and community building.

www.workwithkhushboo.com/


4. This Ain’t Rock’n’Roll
A design studio founded by Clive Russell and Charlie Waterhouse, based in London, England. They are known for the visual identity work for the environmental activism group Extinction Rebellion. Besides, they have worked on several projects in which they provided concepts beyond graphic design. One of them was a local currency Brixton Pound project that encourages people to exchange money within the community.

www.thisaintrocknroll.com/


5. Benedetta Crippa
A graphic designer, a researcher based in Stockholm, Sweden and originally from Italy. While she works as a lead designer of Stockholm Environment Institute, she also teaches at Konstfack University in Sweden about “Visual Sustainability”. She argues that: visual sustainability wasn’t just about the environment or climate change—it also challenges and presents alternatives to dominant structures like capitalism, patriarchy, and white supremacy.

studiobenedettacrippa.com/



The first edition of the book was funded by the Kickstarter campaign I did in the summer 2021. You can read more stories about the book in the KS page.
この度、「WITH DILEMMAS FROM THE FUTURE─気候危機の時代にグラフィックデザイナーにできることとは?」 という本を出版しました。

この本の企画は、極端な資本主義が引き起こした気候変動によって地球環境がひどく脅かされている一方で、私たちグラフィックデザイナーは、企業がより利益を生み出せるように早く消費されるものを作り続けているというジレンマから始まりました。

自分の仕事の中で、環境負荷を減らすために何ができるかをデスクリサーチした後、それらの情報を実践的なガイドとしてまとめました。しかしそれだけでは、これからのグラフィックデザイナーの働き方をイメージすることはできないと感じ、すでに新しいことに挑戦し、変化をもたらしているグラフィックデザイナーにインタビューを行いました。インタビューに答えてくれた人たちのリストは、下記からご覧いただけます。

初版の印刷・製本はObra Pressが担当。彼女たちはコペンハーゲンの地元にあるリソグラフの印刷スタジオです。彼女たちもまた気候変動に関心を持ち、物理的なモノを作ることにジレンマを抱えているので、私たちが印刷し、世の中に何かを生み出すときに、環境への影響を減らすために何ができるかを話すためにインタビューしました。

この本は現在、第2版を日本の印刷所で印刷・製本をするために準備を進めています。デンマークで印刷した初版の在庫はありますが、円安の影響で価格が高いことと環境負荷を考慮し、日本の方にはぜひ日本版を購入いただけたらと考えています。完成予定は2023年の初めです。日本在住の方は恐れ入りますが、日本版の発売をお待ちください。

またE-book(PDF)の販売も同じ時期に予定しています。価格がお手頃で、環境負荷が少ないオプションです︎


 
インタビューをしたデザイナーさんのリスト

1. 長嶋りかこ
東京を拠点に活動するデザイン事務所 Village®の創設者。彼女のスタジオのウェブサイトには 「環境への配慮を第一に考え、デザインによる環境破壊を意識して活動しています」 と書かれている。日本のグラフィックデザイナーの中でも、環境に対する価値観を示し、それを考慮してグラフィックデザインを制作している数少ないデザイナーの一人。

www.rikako-nagashima.com/


2. Jonny black(ジョニー・ブラック)
アメリカ・サンフランシスコにあるデザイン事務所 The Office of Ordinary Things の共同設立者。彼のスタジオのウェブサイトには、サステイナビリティへの取り組みと、社会正義に反するようなプロジェクトには取り組まないという大胆な価値観が示されている。彼らのデザインはサステイナビリティによる制限がないように見えるが、使用した全ての素材がウェブサイトに掲載されており、彼らがいかに環境に配慮しているかがうかがえる。

ot.studio/


3. Khushboo Gandhi(クシュブー・ガンディー)
インド、プネーにあるデザイン研究所 Go Do Goodの創設者。専門はファッション、コミュニケーションデザイン、素材開発など多岐に及ぶ。さまざまな分野を横断しながら、再生可能な資源の開発や使い捨て素材に変わるものの提案、コミュニティデザインなどのプロジェクトを行う。

www.workwithkhushboo.com/


4. This Ain't Rock'n'Roll(ディス・エイント・ロックンロール)
Clive Russell(クライブ・ラッセル)とCharlie Waterhouse(チャーリー・ウォーターハウス)によって設立された、イギリス・ロンドンに拠点を置くデザイン事務所。環境活動団体 Extinction Rebellion のビジュアル・アイデンティティを手がけたことで知られる。また、グラフィックデザインにとどまらず、コミュニティ内での貨幣の流通を促す地域通貨ブリクストン・ポンドのプロジェクトなど企画にも参加するプロジェクトも手がけている。

www.thisaintrocknroll.com/


5. Benedetta Crippa(ベネデッタ・クリッパ)
イタリア出身で、スウェーデンのストックホルムを拠点に活動するグラフィックデザイナー、研究者。ストックホルム環境研究所のチーフデザイナーを務める傍ら、スウェーデンのコンストファック大学で 「ビジュアル・サステイナビリティ」 について教えている。彼女は「ヴィジュアル・サステナビリティは、環境や気候変動だけではなく、資本主義、家父長制、白人至上主義などの支配的な構造に挑戦し、その代替案を提示するものである」と主張している。
studiobenedettacrippa.com/



初版の印刷資金は2021年夏に行ったクラウドファンディング(キックスターター)にて集めました。このプロジェクトへの想いや詳しいプロセスなどはクラファンのページから読むことができます。



Printing & Binding: Obra Press 
Editing & Writing: Minami Hirayama 
The first edition published in April 2022 The first edition was funded by Kickstarter supporters





← Back     Home     Next →