5 months in Copenhagen

A zine about my first impression of the city



cover








inside



My stay in Copenhagen, Denmark has been full of culture shocks including the good, neutral and bad. I wanted to keep a record of those fresh surprise, puzzle, jealous as a foreigner living in a place where famous for “people are being happy”.  Design-wise, it was also an experiment to recognise Japanese and English language from the same perspective as possible and play around with them. 

デンマーク・コペンハーゲンでの私の生活はよいこと、ニュートラルなこと、悪いことも含めて、文化の違いからくるショックでいっぱいだった。その新鮮な驚き、困惑、羨望をこの「幸せな国」として有名な場所に住む1人の外国人として記録することに。デザイン面でも、なるべく日本語と英語を同じ距離感で見ながら、言葉の意味とグラフィックの組み合わせがどのように機能するか実験する試みでもあった。




risograph print: Officin





← Back     Home     Next →