Apus apus

Common Swift Calendar 2022  










I made a 2020 calendar features the significance of the bird Common Swift (Latin name: Apus apus). This bird has an amazing migratory habit such as they can fly for 10 months without landing – they eat, sleep and mate in the air. Luckily, in Denmark and many parts of Northern Europe, we can still see them in the summer time when they come back to breed. However, their population is in decline and they are red-listed in the UK recently.
I wanted to create a data visualisation about the bird that speaks to human emotions – in the end, I thought the calendar is a perfect medium since their migration journey is seasonal and you will keep the calendar in your home which is quite intimate. I drew these swifts by looking at the amazing photos by @sereth.photography

If you are interested in buying one, you can purchase it from the button below. It is a hand-made paper craft calendar, so it might not be as perfect as you imagine. But I will try my best to create the beautiful one for you!

H 21.0cm x W 21.5cm
40g


Please email me or DM me on Instagram if you prefer mobilepay ︎

大学院の課題で2022年のカレンダーを作りました。Common Swift というアマツバメの一種である渡鳥をテーマにしています。この鳥は北ヨーロッパで夏に巣作り、子育てをし、冬の間はアフリカ大陸の南部で過ごします。食事も睡眠も交尾も空中で行うことで知られており、あるリサーチでは、1つの個体が10ヶ月間まったく地面に降りずに飛び続けていたということもわかりました。デンマークに来て、夏にこの鳥が空を飛んでいるのを見てから、Common Swift (ラテン名 Apus apus)にすっかり魅了されているのですが、近年個体数が一気に減少し、イギリスではレッドリスト(絶滅危惧種)になってしまったと知りました。
元々、この鳥をテーマに人々の感情に響くようなデータビジュアライゼーションをしようと試みでした。悩んだ挙句、最終的に渡りが季節に沿ったものであることと家の中で使ってもらえることなどから、カレンダーが一番よい媒体だと考えました。イラストはデンマーク在住の写真家 Jan Sereth Larsen さんによる写真を見ながらインクで描きました。
今回久しぶりにアナログでイラストを描いたり、紙で動く仕掛けをつくったりして、ものをつくることの楽しさを思い出した気がしました。これからもまたこういう作品をつくっていきたいなと思います。




  


← Back     Home     Next →